ホワイトニング
コーディネーター資格の
更新について

ホワイトニング
コーディネーター

平成30(2018)年4月1日以降のホワイトニングコーディネーター資格の更新について

既報の通り、ホワイトニングコーディネーター制度規則・細則は平成27(2015)年4月1日に改正されました。更新につきましては平成30(2018)年3月31日まで暫定期間として改正規則・細則の運用を延期しておりましたが、平成30(2018)年4月1日より改正規則・細則での運用が始まります。更新要件が変わりますので、平成30(2018)年4月1日以降のホワイトニングコーディネーター資格有効期間満了に伴う更新をなさる方は、下記ご確認の上、お手続きをお願いします。

更新申請期間

登録の有効期間は3年間です。(ホワイトニングコーディネーター制度規則第11条)認定期間最終日の1年前から6か月前までに、更新申請書類等をホワイトニングコーディネーター事務局まで書留にてご送付下さい。
例えば、有効期間が平成28(2016)年12月1日~平成31(2019)年11月30日の方は、平成30(2018)年12月1日から平成31(2019)年5月31日までの間に更新書類をご提出いただかなくてはなりません。期間内に更新書類未着の場合は、認定期限をもって、ホワイトニングコーディネーターの資格が抹消されますのでご注意下さい。(認定期間は、認定証に記載されております。)

更新のポイント

ホワイトニングコーディネーター資格の更新には次の要件を満たすことが必要です。
(ホワイトニングコーディネーター制度施行細則第6条)

  • 更新申請時に学会会員であること。
  • 更新前3年間に、学会が主催する学術大会、セミナー、シンポジウム、コーディネーター講習会等あるいは、IFED(International Federation of Esthetic Dentistry)、AAAD(Asian Academy of Aesthetic Dentistry)、その他学会が認める歯科審美に関する国際学会の学術大会に2回以上参加していること。
    (学会が主催する学術大会の中では、プログラムのいずれかが、更新講習会に指定されます。この更新講習会にご参加の場合、学会が主催する学術大会参加の他に、更新講習会を受講されたというカウントになります。つまり、学会が主催する学術大会と、その大会の中で開催される更新講習会をご受講になれば、上記1.-2)における回数は「2回」とカウントされます。)

更新の方法

認定期間最終日の1年前から6か月前までに更新申請書様式3-1,3-2と更新手数料(3,000円)の振込受領証のコピーをホワイトニングコーディネーター事務局までお送り下さい。更新申請書様式は下記「◆更新書類ダウンロード」からダウンロードできます。更新要件を満たしていることが確認されましたら、認定期間切替時に事務局より新しい認定期間の更新認定書と更新バッチをお送り致します。

更新手数料の振込先

更新手数料(3,000円)の振込先は、以下までお願いします。

三菱UFJ銀行 駒込支店

普通預金  №0241719

一般社団法人日本歯科審美学会 

更新申請書様式の提出先

一般社団法人日本歯科審美学会事務局
ホワイトニングコーディネーター更新担当 宛
〒170-0003
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル401
(一財)口腔保健協会内

更新書類ダウンロード

以上
一般社団法人 日本歯科審美学会
ホワイトニングコーディネーター委員会

学術大会・セミナー・国際学会